ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『背中』

『背中』

自分の手脚はたやすく見える

顔だって鏡があれば見える

でも、背中を見るのはむずかしい



たぶん、それでいいはずなんだ

背中は自分で見るためではなく

誰かに見せるためのものだから



声にならない言葉を

表しきれない想いを

背中ににじませたい



2017年7月12日作
2017年7月16日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

【あとがき】
一昔前は言いたい放題でした。
はたから見れば、今もそうかもしれませんが、
それでも、抑えこむことが増えてきました。
それが正しいのかどうかはわかりませんが。
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ねっせん | HOME | Driving tour in this summer>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |