ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年札幌記念展望ほか

 中央重賞15連敗中のねぶです。こんばんは(笑) 割と全国的にそのようですが、8月は涼しいぐらいですね。7月は記録的な暑さで、どうなってしまうのか!?(『ガチンコ』風に)と思ったものですが、意外と過ごしやすかった。馬券のほうも5,6,7月は中央も地方もメタメタにやられていましたが、中央重賞以外では巻き返しつつあります。秋を向かえる前に、馬券の流れも変えたいものです。でも、今年の札幌記念は抜けた馬がいませんし、難しそうですね。単10倍以下は3頭だけですが、その3頭が人気集中というわけでもない。荒れそうな雰囲気。

☆消去法データ☆
・単100倍超…サングラス
・7歳以上で9人気以下…ナリタハリケーン、タマモベストプレイ、ディサイファ、マイネルミラノ
・中1週以下/半年以上…いない
・前走がOP特別/1000万下以下…マウントロブソン
・前走が準OPで4着未満/6人気未満…いない
・前走がGIIIで10着以下/10人気以下/1秒以上差…ナリタハリケーン、タマモベストプレイ、ツクバアズマオー、マイネルミラノ

 残ったのは、サクラアンプルール、ヤマカツエース、ロードヴァンドール、サウンズオブアース、アングライフェン、エアスピネルの6頭。

◎ヤマカツエース
○サウンズオブアース
▲エアスピネル
△ロードヴァンドール
△サクラアンプルール
△アングライフェン

 しばしば、残った馬を消したら、その馬に勝ち負けされたりということもあるので、初心に返って、残した馬だけで勝負!モレイラ人気でマウントロブソンも人気ですが、OP特別からの馬は壊滅していますし軽視したい。普通にヤマカツエースを本命です。正直、○と▲をそこまで信用していませんが、安定の2,3着力を持っているのでそこに期待。どちらかは来ない気がすごーくします。△は5,6,8人気ですが、7人気だけ消して来られたら、やりきれない想いになりそうなので、ツクバアズマオーも足すかもしれません。馬券は3複F ◎-○▲-○▲△△△の7点を考えています。


★ブリーダーズGC予想結果★
◎クイーンマンボ……2着
○タイニーダンサー…7着
▲オージャイト………3着
△スルターナ…………4着
△ジュエルクイーン…5着

 終わってみれば、1人気が連は確保、中央馬が上位独占……なのですが、馬券的には小波乱。中央馬で最低人気(6人気)のマイティティーが前々で押し切り、2人気のタイニーダンサーはズルズル後退した結果、馬複1680円、3複2560円、馬単5470円、3単25460円となりました。俺?マイティティーを消していますが、大ハズレですよ(笑)タイニーダンサーが来ないことも懸念して、クイーン、オージャ、スルタの3複も抑えていましたが、それも2,3,4着……ぐあ!地方馬で最先着の5着もジュエルクイーンではなく、ブービー人気のジュンアイノキミとやらでした。石川倭くんは上手いってことですかね。

 正直、マイティティーがなんで勝てたのかよくわかりません。池添のコメントも「正直、ここに入ってどうなのかなと思っていた」「能力はあっても気難しい面がある」などとありますね(笑) 勝ったからこそ言える本音でしょう。本田師は「長距離輸送がよくないので札幌から2時間弱の門別は大丈夫だった」とのこと。関西と北海道で、馬の気分が乗っていて、面子次第で勝ち負けの馬ということでしょうか。アテにならないな(笑) あとは鞍上も調教師も勝負強いので、その辺が出たのかな。ただ、ここ2走は実力以下に負けていたということなんでしょう。今後はJRAのレースを使っていくようですし、狙うなら来年のこのレースでしょうか?

 クイーンマンボはルメールの談で「今日は勝馬が強かった」そうですが、ハマったとはいえマイティティーを捕まえられないようでは、ホワイトフーガを捕まえられる気がしない……けど、ホワイトフーガもノド鳴りあるし、ムラな面もあるので全幅の信頼は置けないし、このレースを終えても、ダート牝馬路線は混迷具合を深めたようにしか思えない。オージャイトやスルターナは賞金的に、交流重賞路線に乗れていませんしね。乗れていたタイニーダンサーは大惨敗。門別デビューで、去年の2着の舞台で、この結果だとさすがに売り切れか。結局、中央移籍して勝ったのは関東オークスだけ。去年、リンダリンダと一緒に南関へ行ったほうが楽しめた気がしますね。結果論ですが。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ねぶレイツォ | HOME | 17年サマーチャンピオン回顧&BCG展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |