ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

2017年ウインバリアシオンお披露目会

道の駅しちのへ1
 今日はドライブ……というか、片道100km以上ですし、日帰り小旅行をしてきました。八甲田山を越えて、青森県南部町の八戸畜産農協にて、種牡馬ウインバリアシオンのお披露目会があったので。途中、道の駅しちのへで食事を取りました。馬肉ラーメンをな!(笑) 勝者は子孫を残し、敗者は肉になる弱肉強食の世界。でも、寺山修司の言葉にあるように「競馬が人生の比喩なのではない。人生が競馬の比喩である」という言葉を思うと、切なくなりますな。それはともかく、写真の馬肉ラーメンですが、ピリ辛の味噌ラーメンに馬肉が入っています。馬肉はちょいと堅い豚肉って感じでしょうか。ウマ!!!ってこともなく、マズ!!!ってこともなく、ごくごく普通。機会があれば食べてみてもいいかもしれません。お値段900円。観光地価格な印象もありました。
ブロンズ馬1
馬肉ラーメン
 お披露目会の20分ほど前に会場到着。関係者含めて来場者は30名少々ぐらいでしょうか。でも、駐車場には新潟ナンバーや群馬ナンバーの車があり、会話を耳にすると新冠からきたという方もいました。あるいは一口馬主だった方も多いのかもしれませんね。今年、初年度産駒が30頭弱誕生、今年の種付け数は51頭と初年度よりも増えています。普通、初年度、2年目、3年目までは減るイメージなんですが、初年度産駒のデキが良かったのでしょうか。お披露目に出てきたウインバリアシオンはおとなしく、草をもしゃもしゃ食べていました。馬房に入ったあとは鼻をなでることもできました。ご機嫌だったんでしょうか(笑) 話によればオン・オフのスイッチがはっきりしているようです。仕事(=種付け)のときは張り切るようですよ。
DSC_0231.jpg
 現役時は500~530kgぐらいの体重でしたが、今は600kgを越えているそうです。でも、もともと馬格のある馬ですし、今でも見映えのいい馬だなあと感じますし、顔もイケメンだと思います。ちなみに係の方の話によれば、好みの牝馬はあし毛だそうです。栗毛はそんなでもないらしい。また、種付けは上手で、受胎率も高いそうですが、相手があることなので、時には上手くいかないこともあります。で、もう1回!となると、「え?またこれとするの?」みたいな態度もあるそうです。賢いんでしょうね。会場では「バリくんキャップ」なる帽子も販売されていました……が華麗にスルー(買えよw) 今年度の産駒はほぼ青森産だそうで、来年の八戸市場にも多く出てくるようです。父の果たせなかったGI勝ちを果たせるような産駒が出て、青森の馬産が活気づくといいですね。
五大堂
スポンサーサイト

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年ローズS展望 | HOME | 長月徒然日記>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |