ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年神戸新聞杯回顧

☆神戸新聞杯予想結果☆
◎レイデオロ………完勝
○キセキ……………2着
▲ダンビュライト…4着
△ベストアプローチ6着
△サトノアーサー…3着
△マイスタイル……7着
△カデナ……………9着

 1人気のダービー馬レイデオロがまったく危なげなく完勝。秋緒戦を好発進。2着に馬群を割って伸びてきた2人気のキセキ、3着も3人気のサトノアーサー。ついでに4着も4人気のダンビュライトと上位は人気順ですんなり決まりました。面白みのない馬券でしたが、普通に買って普通に当たりました。中央重賞19連敗のあとは2連勝(週半ばのオーバルSPも当たり)。来週も当たるかはわかりませんが、悪い流れをひとまず断ち切れたと思います。回収率が75%まで落ちてしまいましたが、ここから巻き返して、なんとか80%越えぐらいでフィニッシュしたいものです。

 最初の1000が61.4でレイデオロは流れに乗って3,4番手の時点で、もう勝つのはレイデオロと多くの人は感じたはず。上がりも34.1でソツなくまとめて完勝。横綱競馬。このあとは菊花賞を使わずにJCらしいですが、もったいないなあと思います。厩舎や馬主、鞍上の都合で使い分けなんでしょうが、菊はただもらいに近い感じなだけにね。ともかく無事にコマを進めてほしい。それだけです。父キングカメハメハ、母の父シンボリクリスエスも神戸新聞杯は楽勝でしたが、父は故障でこのレースが最後のレースになってしまいましたし、弟も故障休養中なだけに。

 キセキは道中、後方の内で、流れは遅いし、大丈夫なのかなあ?とハラハラしながら見ていたのですが、直線では馬群を縫って伸びてきました。上がりも最速ですが勝馬には完敗。でも、伊達に古馬相手に好時計で連勝していたわけではなかった。勝馬が菊に出ないし、皐月賞馬は距離が不安に見えますし、キセキが菊を目指すのならチャンスは大きい。サトノアーサーもダンビュライトも力なりには走ってるんでしょうが、ワンパンチ足りない。GII、GIIIでも。むしろ距離が伸びることを思えば5,6着馬のほうが面白そうです。長丁場の実績もありますし、配当の妙もある。

 買いませんでしたが、オールカマーは内からスルスル抜けた牝馬ルージュバックが快勝。重賞4勝目(すべて牡馬相手)を挙げました。今回から戸崎から北村宏に乗りかわって勝利。戸崎のステファノスは2着。戸崎は立場ないですね……。いや、俺は戸崎が嫌いじゃないです。ただ、見てると残念だなあと思うことが多くて……。ルージュバックは大器と言われながら、GIを勝てずにきましたが、次はエリ女でしょうか。GIを勝ってほしい。無理に秋天使うこともないでしょう。キャロットFはレイデオロも出すわけですし。ステファノスも秋天なのかな。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年日本テレビ盃 | HOME | 17年神戸新聞杯展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |