ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年日本テレビ盃回顧

★日本テレビ盃予想結果★
◎ケイティブレイブ……3着
○モーニン………………4着
▲アポロケンタッキー…優勝
△サウンドトゥルー……2着

 日本テレビ盃ですが、放送したのはネット中継とグリーンチャンネル。日本テレビが放送するわけもない(笑) それはさておき、下馬評通りの事実上の4頭立てで、道中の位置は違えど、直線では4頭並んでの叩き合い。逃げたモーニン、マークしたケイティブレイブを交わした3番手アポロケンタッキーが、猛追してきたサウンドトゥルーも振り切って重賞3勝目を挙げました。5着のキャッスルクラウンはモーニンから3.4秒離れた後方。んー、あれは11.5レース目の勝馬なのかもしれない。B3で3着、JDDで3.5秒ちぎられた馬ですから、むしろ頑張ったのかもしれません。

 1,2,3,4着は上がりの速い順に1,2,3,4着でした。サウンドトゥルーはああいう競馬をするのは他の騎手もファンも分かっていたことですし除外すると、1,3,4着は騎手の腕の差のような気もします。4頭が0.2差の接戦だっただけに。アポロケンタッキーの前走は、やはり鬼門のドバイ帰りが響いたってことなんでしょうね。今後のGI戦線へ向けてまずは好発進。JBCクラシックも東京大賞典も大井ですし、主戦がウチパクさんっていうのも大きい。人馬ともに南関実績がありますから、今年のGIでも当然有力。獲得賞金が少なめなので加算できたのも大きい。

 サウンドトゥルーはいつも通りの競馬で、いつも通りに勝ちきれず。この馬は去年より0.1秒早い上がりで、走破時計も0.1秒早いだけ。去年をトレースしたような競馬だったように思えます。そして結果はコレ。ローテも同じはず。JBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典→川崎記念。同じような結果になりそうな気がします。チャンピオンズCはまた大して人気しないでしょうけど、非常に不気味。微妙に不人気なときのほうが走っているようにも感じます。この2年間、この馬を信じていた人は荒稼ぎでしょうね(笑)

 ケイティブレイブは帝王賞以前と同じような競馬、同じような結果。結果論ですが、ここを試走と捉えれば、サウンドトゥルーの隣にでもつけて、どれだけキレるのかもう一回試してみてほしかった。デムーロやノリさんならそうしたかもしれません。福永が賭けをするはずがないし、着順はともかく競馬は皆が思ったとおりでした。まだ4歳だから馬が強くなってくればわかりませんが、馬も人も変わらなければ、結果も変わらないような気がします。脚質が違えど、サウンドトゥルーの後継馬のような存在になってしまうような気がします。それでもどこかでもう一つぐらいGI勝つんでしょうが。

 サウンドトゥルーは去年と同じ競馬、同じ時計だったのに、モーニンは同じような競馬(ラップも似ている)をして、上がりで0.5、走破時計で1.1秒遅くなった。去年より1kg減にも関わらず。+8kgで527kgという数字自体は無関係。去年は+15kgで525kgですので。もちろん馬は生き物ですから、数字だけで語れるわけではないのですが、0.2差の4着ですし、どうにかならなかったのかなあと思います。戸崎の談話では「気性の難しさが……」とありますが、そこをどうにかしてくれなかったかなあと思います。何回、戸崎にやられれば俺も目が覚めるのか、自己嫌悪になりますが(笑)
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年スプリンターズS&凱旋門賞展望 | HOME | 17年日本テレビ盃>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |