ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年白山大賞典&東京盃回顧

旅に出ていたのと、その後に体調を崩してダウンしていたので今更ですが、先週の交流重賞の回顧です。

★白山大賞典予想結果★
◎インカンテーション…完勝
○コパノチャーリー……8着
▲ナムラアラシ…………5着
△クリノスターオー……3着
△タガノディグオ………4着

さすがにここでは実績上位のインカンテーションが3角で逃げるクリノスターオーを捕まえると、そのまま後続を振り切って2馬身半差の完勝。2着はクリノスターオーとの叩き合いを制した笠松・カツゲキキトキトが地方勢の意地を見せ付けました。ずっとそうですが、ダートは高齢馬、実績馬の層が厚い。中央馬は5頭いましたが、年齢が上、実績上位、ついでに斤量も重い馬が1,3着。3,4着の差は3馬身もありましたからね……。

 インカンテーションはこれで重賞5勝目。JBCにも出られそうな感じはしますが、羽月調教師は「1800がベスト」と言っていますし、チャンピオンズC狙いで、状態次第でみやこSを挟むとかそういうローテーションなんでしょうね。今のダート一線級の面子を思えば、インカンテーションにもJBCクラシック制覇のチャンスはありそうな気はするのですが。名脇役の感じが否めないインカンテーションですが、主役になれるかどうか注目です。

 去年の結果(6着)と前走(東京記念2着)から、ここは荷が重いと思って軽視したカツゲキキトキトですが意地の2着。絶対的なスピード能力は中央馬に叶いませんが、小足の利く器用さがあるので、小回り長距離では上手く立ち回れるのでしょう。これぐらいの距離でも、盛岡などではキツいと思われます(前走から) ただ、何度も交流重賞で馬券になっていますし、どこかで、1つでいいので交流重賞を勝ってほしいし、それだけの力はある。

 ナムラアラシやコパノチャーリーは思いのほかだらしなかった。地方の馬場が向いていないのか?どちらも前走・小倉で勝っているだけに、小回りだからということではないように思うのですが。タガノディグオはJpnIIがあるので、斤量面で恵まれないものがありましたが、上位3頭とは斤量差以上の着差。でも、こちらはまだ3歳ですし、やがてはこの路線の常連になっていくかもしれません。それこそ今のクリノスターオーのような。

☆東京盃予想結果☆
◎ブルドッグボス……2着
○キタサンミカヅキ…優勝
△ニシケンモノノフ…3着
△ナックビーナス……9着
△ショコラブラン……4着
△トウケイタイガー…7着

 展望では3複で、と書きましたが、買い目を減らしたかったので、馬複9点で買ったのですがこれは正解でした。結果論ですが、配当も3複よりも馬複のほうがつきましたから。ライブの直前にレース映像を見て、テンションを挙げられたから、ライブ中までは気合いを保てたのかもしれません(その後、数日、高熱でダウンw) ともかく久々にそこそこの配当も取れたのは大きかったです。やはり夏競馬までの不振は脱しているようです。

 そこまで早いペースでもなかったと思いますが、病み上がりだからなのか?コーリンベリーは垂れてしまいました。トウケイタイガーも大井じゃごまかし利かないのか、これも垂れてしまいました。好位置追走から抜け出したブルドッグボスが押し切るかに見えましたが、キタサンミカヅキが猛然と追い込んできての差しきり。重賞連勝。繁田騎手は交流重賞初勝利。キタサンミカヅキは前走はもっと早い時計で勝っていますし、本番でも期待が持てそうです。

 惜敗したものの、ブルドッグボスも南関移籍後、まったく崩れていません。盛岡へ遠征して重賞勝つぐらいですしね。短距離も抜けた馬が中央にいませんし、JBCスプリントは久々に地方馬にもチャンス大。ニシケンモノノフはノリさんの談話にあるように久々もあったのでしょうか。本当はもう少し前で競馬ができる馬ですしね。ショコラブランはやっぱりな、という結果。本番も3~5着でしょ、たぶん。底が割れてしまった感があります。

 むしろドリームバレンチノのほうが良で0.5差5着なら、本番で重、不良なら一発あるかも?と思えました。今回が8人気?本番も同じような人気でしょうし。ナックビーナスは躓いて後手を踏んで終了。本番も今回の上位馬、あとはサイタスリーレッド。加えて芝路線組の馬がどれだけ参戦してくるかでしょうね。レッツゴードンキの次走に名前も挙がっているようで、出てくるとこれは勝ち負けしそう。去年のJBCレディスの2着馬ですしね。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年MCS南部盃展望 | HOME | 『アイ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |