FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

18年ダイオライト記念回顧

★ダイオライト記念結果★
◎アポロケンタッキー2着
○ケイティブレイブ…完勝
▲マイネルバサラ……3着

 下馬評は2強+1頭の中央馬。大きく離れて去年3着のウマノジョー。他は論外。そして、結果もオッズの通りとなりました。でも、地方馬が離されると見ていて哀しくなってきますね……。最終的に僅差の1人気だったケイティブレイブの逃げ切り。2周目4角で並びかけたアポロケンタッキーはそこで脚を使ったのが響いたか、直線ではケイティに振り切られて1馬身半差の2着。さらに2馬身差でマイネルバサラという人気順の結果。4着も4人気ウマノジョーでしたが、3着から2.2秒差……。5人気5着スノーモンキーは4着から3.1秒差……。5着で勝馬から実に6.1秒も離れています。何馬身差なのやら。

 ケイティブレイブは決してこの距離がベストというわけでもない。1年4ヶ月前の名古屋GPでアムールブリエにちぎられましたし。一線級と戦いつづけてJpnI2勝の実績は、ここでは格が違ったということでしょうか。今回で改めて浮き彫りになりましたが、この馬は逃げるか追い込むかの極端な戦法を取ったほうがいい。マイネルバサラに序盤にやや競られ、それでもハナを主張して押し切りましたが、あれが2番手に控えでもしたら、勝ちきれなかったのではないでしょうか。福永の談話「アポロケンタッキーがいい勢いで来て、馬が3コーナーで慌てましたが」???ホントかよ?鞍上が慌てたの間違いじゃないのか(笑) 

 アポロケンタッキーはこの馬の競馬はしたと想いますが、毎度毎度ズブいですね。気合いをつけていかないと進まない。負けてはしまいましたが相手もJpnI馬ですし仕方ない……。マイネルバサラもアポロケンタッキーに交わされてからもしぶとかったですね。垂れてはいない。マイネルバサラやウマノジョーの結果から鑑みるに、昨年、久々に地方馬としてJDD馬となったヒガシウィルウィンですが、前途はなかなかに険しい。ハッピースプリントくらいやれたら上出来、ナイキアディライト級だったら大成功なのかもしれない。フリオーソやアジュディミツオーは偉大だったと改めて想います。中央へ乗り込んでもそれなりの結果は出しましたしね。

 あ、馬券は外れています。上記で3複1点なら取れたのでしょうが、◎→○▲という馬単2点でハズレ。ガミらずに取るのが難しいレース。買う馬ではなく、買い方が問われますからね。これはこれで難しい。そりゃあ1点でも取れる人もいますが、そういうセンスを俺は持ち合わせていません。オッズ通り、勝つのは◎か○で九分九厘決まりだったわけですから、結果論ですが3単◎=○-▲という3単2点が俺にとっては正解だったのかな、と想います。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<18年阪神大賞典展望 | HOME | サクラサク>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |