FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

18年阪神大賞典展望

 3月になると受験も終わり、雪も解け、個人的には一息入る時期なんですが、お馬ちゃんが熱くなり始める季節なので、(趣味の)気が抜けません(笑) 昨日も2重賞がありましたが、注目はそれではなく、皐月賞TRの若葉S。ホープフルSを制したタイムフライヤーが単1.2倍の圧倒的な支持を受けましたが、大して伸びずに5着撃沈。3連複を買っていた俺も撃沈。正直、アタマ鉄板とは想っていませんでした(つぶやきでふれたけれど)。だから3連複だったわけですが、まさかこの面子で3着にもなれないとはなあ。タイムフライヤーが一本かぶりだった上、8人気→3人気→11人気なんて決着だったから、3単491万馬券、ロードアクシスの複勝は11720円と複勝万馬券。これは複勝史上7位の高配当。複勝万馬券なんてそうそうお目にかかれない。

 今日も重賞は2つ。阪神大賞典とスプリングS。どちらも伝統の一戦です。長距離戦が好きなので展望は阪神大賞典。

1. トミケンスラーヴァ…ずっと人気がないんですが、2,3走前は連勝。この馬は買っていたんですが、リッジマンを過小評価していました。でも、そのリッジマンもダイヤモンドS2着。鞍上も秋山に戻って距離はまた3000。侮れないと想います。

2. スーパーマックス…前前走のチャレンジC5着には驚きました。そして前走の5着にも驚きました(悪い意味で) でも、頑張ってもまた5着までじゃないでしょうか。5着でも670万。佐賀ではほとんどない賞金。5着になれるかも微妙と想いますが。

3. シホウ…この馬のピークは過ぎているんじゃないでしょうか。そもそもOP勝ちもないしなあ。

4. カレンミロティック…長丁場で実績ある馬ですし、国内での3000m戦は一昨年の春天2着以来。昨秋のアル共ではアルバートとクビ差。10歳馬ですが不気味な存在ではあります。鞍上も込みで。

5. コウエイワンマン…準OPどころか1000万下勝ってない。戦績も冴えませんが、使われすぎじゃないですかね。買えない。

6. サトノクロニクル…チャレンジCで重賞初制覇。有馬9着。有馬や菊の大敗が馬場や面子によるものか、それとも距離なのかが今回分かりそう。距離は問題ないのなら、ここは好走していいはずです(アタマではなくても) 無視はしづらい。

7. レインボーライン…一昨年の菊花賞2着、昨秋の泥沼の秋天で一頭だけ差してきました。スタミナは十分。JC、有馬もそんなに負けていない。実績はアーリントンC勝ちだけですが、強敵にもまれてきた経験が活きるかどうか。

8. クリンチャー…菊2着、京都記念勝ち。もちろん人気になって当然ですが、藤岡が乗って結果が出ていた馬です。ユタカになって人気に拍車がかかるだけで旨みがないなあ。ここ2戦好走していますが、重馬場が得意なだけな気がします。この面子ならどうにかなるかもしれませんが。

9. ムイトオブリガード…クリンチャーを降ろされた藤岡が乗るのがコレ。前走が小倉で500万勝ち。格上挑戦すぎる(笑)500万とはいえ逃げて圧勝。面子が淋しいのもあるんでしょうが、この実績でこの人気は悩ましい。

10. アルバート…重賞4勝はすべて3000m以上。ステイヤーズS3連覇。抑えきれないトウカイトリックの雰囲気。鞍上の差なのか、クリンチャーと人気に差がありますが、馬の実績ではこちらが上です。こちらから入るのは逆張りなのか?

11. ヤマカツライデン…この条件は合ってそうですが、すんなり先手を奪えるかどうか。重賞ではややカベを感じるのですが、この面子なら連下の可能性もなくはない。

 ◇チェックポイント◇
・8人気以下……トミケンスラーヴァ、スーパーマックス、シホウ、コウエイワンマン
・中半年以上…いない
・前走・GI以外で10着以下…ヤマカツライデン
・前走・GIIIかつ3000m超の重賞で掲示板がない…ヤマカツライデン
・前走・万葉S以外のOP特別…いない
・ 前走・条件戦で当日5人気以下…コウエイワンマン

◎アルバート
○レインボーライン
▲サトノクロニクル
△ムイトオブリガード
△トミケンスラーヴァ

 クリンチャーは重巧者なだけのおそれもあるのに、単1倍台では買いたくない。アルバートは再三3000m以上の実績がありながら単4倍前後はおいしい。クリンチャーが飛んでも、アルバートが飛ぶとは思えないです。馬券は◎からの馬複&3連複で計10点。馬複だけでもまあ、トントンくらいにはなるし、3連複で6枠2頭が来なかったら万馬券。クリンチャーさえ飛べばアルバートからで高配当。ローリスク・ハイリターン。クリンチャーが勝ち負けだったら、さすがユタカの一言でいい(笑)一番いやなのは、アルバートがきて、クリンチャーが飛んでいるのに外れること。これは最悪。ヤマカツだのカレンが2着とかはめまいがします。馬複なんて保険はかけないで、ヒモをもう一頭足しての3複にしたほうがいいのかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<18年阪神大賞典回顧 | HOME | 18年ダイオライト記念回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |