FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

18年大阪杯回顧

★大阪杯結果★
◎スワーヴリチャード優勝
◎アルアイン…………3着
△シュヴァルグラン…13着
△ミッキースワロー…5着
△トリオンフ…………8着

 1人気スワーヴリチャードはいつものように、ミルコの出遅れ。そして、中盤、ペースがゆるんだところで一気に押し上げて先頭に立って、そのまま押し切り。つ、強い。レイデオロ……というかヴィクトワールピサのドバイWCのようでしたね。あんな騎乗をできるミルコはさすが。もっとも可能・不可能もそうですが、デムルメユタカノリ以外にはあの乗り方は許されないだろうとも思います。仮に、今度の桜花賞において、石橋修がラッキーライラックで、あんな競馬で勝っても降ろされかねない。右回り不安説なんてのはガセでしたね。ディープじゃなくてハーツクライ産駒ですし、成長力もありそうです。今後の主役となっていくのでしょうか。

 アルアインはまあ、この馬の競馬はしたと思いますが、直線で先に抜け出されて、追いかけなければならないのは厳しかった。抜群にキレる脚はないですし。ただ、松山を降ろしてからの4戦は未勝利。この成績は松山でも可能だったろうとも思えます。そろそろ松山に戻してもいいんじゃないでしょうか。ルメや川田で結果が出たわけでもなく、彼らには他に乗る馬はいくらでもいる。それに今年の松山はよく勝っていますしね。のちのち振り返ったときに、アルアイン=松山という存在であってほしい。主戦が誰かわかんないってのは、博打じゃなくて競技としてみたときはつまんないと思うのです。

 トリオンフだのミッキースワローだの勝ってるヒマがあったら、ペルシアンナイトでしたね。ペルシアンはGI馬でもあります。でも、去年のマイルCSはデムーロだから勝てたと考えてしまいました。福永……3~5着くらいだろう。ナメてました。すいません、いっくんさん。福永の談話にあるように、距離は問題ないですね。まあ、もともとが皐月賞2着馬なわけですが。春の大目標は安田記念でしょうが、馬場が軽く渋るくらいだとかなり信用できそうな気がします。鞍上がデムーロに戻ればなおさらでしょう。また福永なら……ヒモかな(笑)

 サトノダイヤモンドは戸崎の騎乗もマズかったですが、馬自身の状態も微妙だったろうと思います。先週、池江師の泣きのコメントもありましたしね。それに状態だけでなく、馬の力も下り坂のように感じます。良くも悪くもマカヒキと同程度。最強世代なんてのはたちの悪いギャグですが、3歳時はそれなりに強かったと思います。でも、今は1コ下の世代には歯が立たない。たとえ、状態が戻っても。ゴールドアクターに至っては、もう見てられない。大差のビリ……。15年有馬、16年有馬から比べると20kg以上減ってます。心身ともにおかしい。勝てる勝てないではなく、故障しないか心配です。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイヤと筋トレとあいこす | HOME | 18年ドバイ国際競走回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |