FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

思いがけずに~2018年4月岩手旅行記1

 毎年のことですが、秋に地元スーパーのイベントで入手した宿泊券を使用して、母と祖母と岩手県へ旅行に行ってきました。宿泊先は安比高原ですが、観光したのは安比を通りすぎて、沿岸の久慈市まで。岩手県の沿岸って行ったことがなかったんですよね。自宅から隣町のばあちゃんの家に寄って、スーパーで飲み物やつまみなどを調達してから岩手へGO!

 あまり天気がよくなさそうなのは分かっていましたが、天気が悪いどころか、東北道の坂梨トンネル(青森・秋田県境)の前後では雪。降雪ではなく積雪が数cmで、80kmではなく50kmの速度制限が出る始末。言われなくても、あの道路状況では80kmは出したくない(笑) 幸い10分そこそこ走っていたら、積雪区間を過ぎて、速度制限も解除されたので、さほどの時間ロスにはなりませんでした。万が一もあるので、タイヤ交換をしないで、冬タイヤのままだったのですが、それで大正解。

 その後は淡々と運転して、安代JCTから八戸道へ入り、九戸ICで高速を降りました。道の駅へ立ち寄りたいと母も祖母も言うので、九戸ICそばの道の駅おりつめに寄りました。産直施設は「オドデ館」、そして「オドデ様」の像もありました。結局、オドデ様ってなんなのだろう???今、ググってみたところ民話に出てくる守り神だそうです。写真はこちら。あと、道の駅のアンケートに答えたら、マンホールカードなるものをもらいました。こちらは施設の人に尋ねたところ、岩手のイベントというわけでもなく、ご当地マンホールのカードが、不定期に各地でもらえるそうで、たまたま、今は「おりつめ」でも配布中だったようです。コレクターもいるそうです。いろいろなものがあるのだなあ。

 観光の目的地は久慈なので、さらに40分ほど車を走らせて、とりあえず久慈駅へ。観光案内所と駅をちょっとのぞいてみました。駅前は工事中。駅のかさ上げをしているようでした。海からは多少離れていますが、おそらくは駅前や中心市街地も震災の津波で浸水したのだろうなあ……。道の駅も鉄道駅からさほど離れていないところにありました。これもたまたまなのですが、「道の駅くじ」が開設されて、4月8日がちょうど10周年で、イベントもありました。そのせいか、駐車場もかなり込み合っていました。車の誘導係が複数いるほどに。レストランでは普段は提供されてないそうですが、お寿司のランチがありました。税込み1000円。普通に美味しかったですし、コスパは抜群でした。港町へ行ったら海の幸を食べないとね。

 ちょうど久慈高校のマンドリン部のミニ演奏会が行われるところだったので、ガッツリきいてきました。女子校ではないようですが、部員は全員女子でした。セトリは下記。

1. 千昌夫「北国の春」
2. 森進一「襟裳岬」
3. ゲド戦記「テルーの唄」
4. 嵐「サクラ咲ケ」
5. ディズニーのなにか(失念)
6. ドラクエ3メドレー

 でした。お年寄りのお客が多いだろうと意識したと想われるセトリ。俺はドラクエ3メドレーがうれしかったです。ドラクエ3の戦闘曲をきいていると、「だいおうがまがあらわれた」だの「はぐれメタルはにげだした」だの脳内再生されるから困る(笑) OSSANなら多くの人がそうでしょうが、ドラクエ3を死ぬほどやりこみましたからね。想定外にイベントに出くわすのはとてもうれしかった。

 道の駅を後にすると、次は「もぐらんぴあ」へ向かいました。ここは水族館&港湾博物館という感じでしょうか。原油の精製について、船の繋留についての資料や展示品もあります。あとは久慈湾に生息しているらしき魚やクラゲなどがいました。オオグソクムシはいませんが、ただのグソクムシならいました。一時、話題になりましたよね。白っぽくて巨大なダンゴムシ的な海洋生物(笑) これ、キモかわいいのかなあ。キモいとしか思えないのですが……。あ、でも、クラゲはライトアップされていてきれいでしたし、カメのカメきちはかわいかったです。もちろんここも津波で被災し、大半の動物が死んだり、流されてしまったそうですが、カメきちは数少ない生き残り。元気におよぎまわっていました(写真参照) あとは水中トンネルもありました。カメきちもここにいます。

 もぐらんぴあを見たあとは、海女センターへ。海女センターへは、国道から離れて海岸沿いの県道を通って向かうのですが、リアス式海岸をモロに体感できます。曲がりくねった道の上、1~1.2車線。譲り合わないと通れない(笑) 運転に気を使う道でした。天気があまりよくなかったからか、太平洋も荒波でしたね。海女センターについたのはいいですが、まあ、素もぐり実演などはやっていませんでしたし、レストランも休業中。資料を見て、海女さんであろう方たちとちょっとお話しただけでしたね。夏場の土日に来ると素もぐり実演を見られる可能性が高いようです(必ずではない) で、とれたての海の幸を食べられたりもするようです。ウニとかサザエとかですかね。機会があれば、いつかまた訪れたいと想いました。海の町はいいですね。

 なんだかんだで、この時点で16時過ぎ。日曜で高速道路のETC休日割引もきくので、九戸ICから安代ICまでは高速でショートカット。ホテルに入る前に、コンビニでちょっと買い物をして、桜花賞の動画でハズレ確認(笑) 3年連続で、桜花賞の日は県外にいますね、俺。一昨年は大阪、去年と今年は岩手県。来年は桜花賞の日、どこにいるんだろう?首都圏か?それはさておき17時半ごろにホテルにチェックイン。続きは後編で。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<18年マリーンC回顧 | HOME | 18年桜花賞回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |