FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

7年ぶりの自作PC

 一昨日、注文していたPCのパーツがすべて届いたので、ゆうべ夜を徹して組み立て……られませんでした(笑) 組むのは3度目ですが、まあ、ある程度わかってきたつもりだったので、それなりにサクサクと、2時間あまりで組み立ててスイッチオン!ファンなどは回っていますが、モニターになにも映らない。そう一発で、うまくいくわけないのはわかっていましたが、ああでもない、こうでもないと試していたら朝になり、疲労感でいっぱいのまま就寝。

 起きてから、改めていじくりまわすもうまくいかず。映らないのでビデオカード周りの接触が悪いのかなあと思っていたのですが、接触が悪かったのはメインメモリでした(笑) 精密機器ですから、あんまり力を入れるのも怖いのですが、ググっと押し込むとこれまでと違う感触。とりあえずメモリ1枚でスイッチオン!起動!!!!!!同様にもう一枚も差し込んで……起動!ハードウェア的にぬかりなく組み立てるのがなかなかたいへん。慣れても、うっかり手落ちがあると、原因究明がたいへんですから。

 起動さえしてしまえば、あとはなんてことはない。2018年現在としては中くらいのスペックのマシンですが、7年前に組み立てたマシンをずーっと使っていましたから、感動的な速さです。起動に数秒!出会って5秒で合体!(無関係) CPUやRAMの高速化もあるんでしょうが、起動ドライブをHDD(ハードディスク)ではなく、SSDに替えたのが大きいと思われます。160GBしかないので、あまり余計なものは入れられませんが……。よほど頻繁に使うソフトでなければHDDに格納です。ただ、WIN10はWIN-XP→WIN7よりも大きく変わっているので、慣れるのにちょっと時間がかかるかもしれません。

 まあ、でもクルマやPCは俺の趣味であるとともに、仕事道具でもあるので、設備投資です。頻繁に買うわけでもないし、快適な作業や移動には、多少はお金をかけないとね。もともと起動ドライブとデータドライブを物理的に分けていた(2台接続)だったので、データの移動も手間いらず。前のPCのデータドライブをくっつけるだけ(笑)このデータドライブにRINUXでもWIN7でも入れておけば、SSDが突然故障しても、まあ、緊急対応は可能。こんな話に興味があるマイミクさんはごく少数と思いますが、一応、備忘録的に、ねぶPC2(2018年度式)のSPECを記しておきます。

 ちなみに、ねぶPC1はオヤジに1万円で払い下げます(笑) オヤジはもっと古いPC(もらいものの自作PC、CPU:Core2Duo、RAM:2GB、HDD250GB、VGA:GF GT520)なので。そして、オヤジのPCは処分……となりますが、なんかもったいないな。起動ドライブをSSDにして、やっすいグラボでWIN7なら、使えないことないしね。CPUがPentium4以下だと、もはや産廃レベルですが、Core2は使えないことはないしね。捨てると処分料も2000円?3000円?はかかるんでしょうし。うーん。

☆ねぶPC2☆
CPU:AMD Ryzen 5 1400(4コア8スレッド)
M/B:Asrock A320M-HDV(M-ATX)
RAM:CFD W4U2400PS-4G (4GB×2)
VGA:GIGABYTE製RADEON HD7770(継続使用)
SSD:colorful SL300 160G
HDD:東芝 1TB(継続使用)
DVD:ASUS DRW-24D5MT
電源:Huntkey 風音450(継続使用・80+ブロンズ)
ケース:Thermaltake Versa H26 Black
OS:WINDOWS 10 profeesional

★ねぶPC1(2011年式)★
CPU:AMD ATHLON II×3 450
M/B:GIGABITE GA-880GM-D2H Rev3.0(M-ATX)
HDD:WESTERN DIGITAL WD3200AVVS(320GB)
DVD:ライトオン IHAS524-T27
RAM:CFD W3U1333Q-2G(2GB×2)
ケース:IN-WIN IW-EM002/WOPS(R)(M-ATX)
電源:KEIAN GORI-MAX2 550W (80+スタンダード)
モニタ:BenQ G702AD [17インチ]
OS:WINDOWS XP SP3
スポンサーサイト

テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<さくら | HOME | 18年皐月賞&中山GJ回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |