FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

18年日本ダービー展望

 明日は競馬の祭典・日本ダービー(東京優駿)です。毎年そうですが、GIはあまり当たらないなあ。特に春のGIがズタボロですよ……。オークス(3複ガミ)しか当たっていない。それでも、ダービーは堅くおさまりがちなGIなので、こんな俺でもあたることが多い感じ。今季、久々にPOGに参戦しましたが、15000位/83000人くらいでフィニッシュですな。フロンティアがアッサリ新潟二歳Sを制したときは、これはもしかして……?と思いましたが、その後はしりすぼみの結果。10頭中9頭までが勝ち上がりましたが、2勝したのは前記フロンティアとダノンマジェスティだけ。これではなあ。来季は今季よりも上の結果、重賞ホースを複数指名できればと思います。

☆チェックポイント☆
・前走・皐月賞6番人気以下且つ6着以下……タイムフライヤー、グレイル、
・前走・NHKマイルCで4番人気以下……いない
・前走・GII、GIIIで2着以下……アドマイヤアルバ、エタリオウ
・前走が重賞ではない……コズミックフォース
・前走・ダート戦……テーオーエナジー
・重賞未勝利……アドマイヤアルバ、キタノコマンドール、コズミックフォース、エタリオウ、サンリヴァル
・1勝馬……エタリオウ

 残ったのは、ダノンプレミアム、ゴーフォザサミット、ブラストワンピース、オウケンムーン、ステイフーリッシュ、ジャンダルム、エポカドーロ、ジェネラーレウーノ、ワグネリアンの9頭。半分には絞れました。

 キタノコマンドールが人気の一角ですが、その鞍上のデムーロが、ブラストワンピースを絶賛していたのがとても気になります(笑) 本音かどうか知りませんし、イタリアンジョークなのかもしれませんが。ただ、実際問題、重賞未勝利馬が来る率はかなり低いです。3着はたまにいますが、フサイチコンコルド以後は一頭も連対馬はいません。重賞未勝利馬の挑戦は20年あまりで200頭弱いますが、1頭も連はない。これは重い。それでも人気薄を3連のヒモにするのはアリですが、データ的には軸なんてとんでもない。

 一方で、4戦無敗。そのすべてが完勝の2歳王者・ダノンプレミアムですが、周知のようにザ石で皐月賞を回避と一頓挫ありました。調教では猛時計をたたきだしていますし、状態は悪くないのかもしれませんが、実践でどうなのかは未知数。これも周知の話ですが、朝日杯馬がダービーを制したのはナリタブライアンまでさかのぼります。そもそも朝日杯がクラシックとあまりつながらないですよね……。なぜか古馬GIとはつながったりしますが(笑) 抜けた人気でもあるし、積極的には買いたくない。

 皐月賞馬エポカドーロは前回、展開が最高にハマった感があります。もちろん馬の能力としてもスプリングSを見れば、ステルヴィオとそん色ないだけのものがあるのでしょうが、戸崎、戸崎ね……重賞では買いたいと思わないです。ワグネリアンにしても福永、福永ね……牡馬クラシックや古馬王道GIでは買いたくないですね……。でも、ワグネリアンは2,3着ならあるかな。だってふくながだもの。ジャンダルムは距離が長そうだなあ。母がビリーヴですし、実際、距離が伸びてパフォーマンスが落ちている。ユタカの腕次第。

 人気はたいしてないですが、青葉賞、京都新聞杯勝馬は抑えたほうが良さそう。鞍上もノリとエビ。特にステイフーリッシュはノリ。何かしてきそう。ポツンマンの本気がたぶん見られます。オウケンムーンは前走がちょっと負けすぎ。臨戦過程が気になりますし、調教師が気になりますが、ブラストワンピースが2人気になるのはわかる……わかるけど。間の空いた2頭が1,2人気?皐月賞組を差し置いて?

Bワグネリアン
Bステルヴィオ
Bブラストワンピース
Bステイフーリッシュ
Bゴーフォザサミット
Bキタノコマンドール

 馬複、3複フォーメーションも考えましたが、シンプルに馬複6頭BOXで。圧倒的人気のダノンプレミアムをぶったぎっているので、これでもガミりません。最低で5-8で22倍見当。最大は6-10で228倍見当。キングヘイローの単に5000円ぶっこんで、1コーナーで絶望した20年前の渋谷WINSの俺。あの日の5000円を明日返してもらうぞ、福永(笑) あとはデムルメエビノリとかじゃないの。川田、病み上がりの馬に無理させなくていいぞ。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<18年日本ダービー回顧 | HOME | とらメロ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |