FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

18年日本ダービー回顧

★日本ダービー結果★
Bワグネリアン…………優勝
Bステルヴィオ…………8着
Bブラストワンピース…5着
Bステイフーリッシュ…10着
Bゴーフォザサミット…7着
Bキタノコマンドール…12着

 いつもよりも前目、好位につけた5人気ワグネリアンが、逃げに逃げて粘りこむ皐月賞馬エポカドーロをゴール前で捉えて勝利。栄光のダービー馬となりました。福永騎手……いや、本人が語ったように「福永一家」悲願のダービー制覇。2着に粘りこんだ皐月賞馬エポカドーロ。3着に16人気の大穴コズミックフォースが入りました。圧倒的人気に支持された2歳王者ダノンプレミアムは直線伸びきれず6着。3戦無敗の2人気ブラストワンピースも5着まででした。デムやルメは見せ場もなく撃沈。終わってみれば順調に使われた馬がやはり上位でした。皐月賞1人気馬が巻き返して、皐月賞を完勝した馬が僅差2着。3着に妙な馬がいますが、ダービーの3着が人気薄というのはしばしばあることです。戸崎というだけでエポカドーロ軽視したのが大失敗。

 GIをたくさん勝っていても、海外で何度も勝っていても、それでもダービーはやはり特別。福永はウイニングランで号泣していましたし、厩務員や友道調教師も泣いていましたね。初めてのダービー、キングヘイローで暴走してから20年。ついに悲願のダービージョッキーとなりました。俺も初めて馬券を買ったダービーが98年、そして、キングヘイローの単なんて買っていました(笑) ワグネリアンの単で取り返したかったなあ。馬券は外れてしまったのですが、妙にすがすがしい気分です。外れたレースでこんな気分になることはあまりないのですが。福永のほうが年上ですが、まあ同世代ですし、デビュー時から見てきている。有力馬で勝てないで、やっと、やっと勝てて号泣。もらい泣きしそうですよ。おめでとう、福永。人馬ともに今後のさらなる活躍を期待します。

 ただ、内容的に強かったのはエポカドーロのほうか。やや緩いペースとはいえ、皐月賞馬が逃げているわけです。後続もぴったりついてきている。それでもワグネリアンにこそ交わされましたが、その他の馬は振り切りました。戸崎なのに攻めの騎乗。エポカドーロを信頼していたんでしょう。これで負けたら仕方ありません。戸崎というのもあるけれど、母がダイワパッション……ああ、Fレビュー勝った馬だっけ。母父フォーティナイナー。んー……少し長いような……なんて思ってしまったんですよね。オークスもそうですが、3歳春までは2000で勝ち負けできる馬なら2400なんて問題ないですね。わかっていたんだけどな……。コズミックフォースは府中がよほど合うってことなのでしょう。プリンシパルS組のこれまでを思うとなかなか手出ししにくいですが。

 抜けた一番人気で伸びきれなかったダノンプレミアムですが、微妙に距離が長かったのかな。川田騎手の談にも「2400メートルを良く我慢してくれました。ゴールしてからすぐ止まってしまうほど精一杯でした」とあります。距離が少し長いのをほのめかしているような?血統というよりも、気性が前向きですし。少し包まれそうになったけど、足が残っていたら伸びてこられた位置でもあったわけで。ステルヴィオやキタノコマンドールは、距離うんぬんというよりも位置取りが後ろすぎて、今の馬場とやや遅い流れではどうにもなりませんでしたね。後ろにいる馬は届かない流れ。逆にいえば戸崎はうまく乗ったし、福永もいい位置を奪えたと思います。人気馬にさんざん乗って勝てなかった。その蓄積が今日の勝利となったのかもしれません。もちろんワグネリアンの能力あってこそ、ですけど。

 ちなみに目黒記念も負けました。BOXでしたが、心情的にはウインテンダネス本命で、実際に勝ったのに、2着のノーブルマーズ抜けた。ダービー同様、2着ヌケ。ダービーと違うのは混戦の2着争いの、パフォーマプロミスとポポカテペトルは抑えていたこと……ぐああああ!ダービーはいいけど、目黒記念の負けが悔しすぎる!仕事帰りの車の中で、スマホ片手に悶絶してました。はーーーーーー!
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フタカラ | HOME | 18年日本ダービー展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |