FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

18年安田記念回顧~2018年6月東日本周遊記3~

 ☆6月3日☆
 初日は24時間。一睡もしていません。じゃあさっさと寝ろって話ですが、日付が変わっても、寝つきが悪いもので、結局寝たのは3時ごろでしょうか。実に28時間ほど連続行動(うち18時間運転)。もうOSSANとしかいいようがないけれど、自分の限界を壊したいと思っています。それはともかく、6時間ほど寝て、9時過ぎに起床して、ぼーっとしてからシャワーを浴びて、おにぎりをつまんで府中へ出撃。生観戦というのに、レースの予想を事前にまったくしていません……というか、安田記念の出走馬もあんまり把握していませんでした。

 この日も前日に続き、雲一つない快晴。安田記念は時期的に雨になることも多いですが、旅先での晴れ男パワーが炸裂ですわ。GIですがたいして混んでない印象。現地で、5万人くらいかなとつぶやきましたが、実際にこの日の来場者は5万2千人ほどだったようです。昼過ぎにきたので、さすがに座席を確保するのは難しかったですが、都合よく常駐できるポジションは確保できました。合流したKくんと交代で、馬券を購入に行きました。パドック撮影も考えていたのですが、撮ってもそんなに見返すこともないし、面倒くさくなってパドックには行っていません。

★安田記念結果★
Bスワーヴリチャード3着
Bモズアスコット……優勝
Bサングレーザー……5着
Bサトノアレス………4着
Bリスグラシュー……8着
Bリアルスティール…15着

 条件戦からかなり早い時計が出ていましたから、安田記念は1分32秒を切るかもしれないと想定していました。これはディープ産駒向きだろうと思ったので、ディープ産をすべて買い、そこにデムルメタケを混ぜてのBOX買い。スワーヴリチャードが来るとガミりかねないですが、それでもかまいませんでした。結果はご存知の通りで、ディープ産駒は馬券にならず、デムルメの間に戸崎が挟まってしまいました。う、うあああ!ああ……といううめき声を思わずもらしてしまいましたよ(笑) 2週続けて戸崎がGIで、しかも微妙な人気馬を持ってくるなんてなんてことだ。デムルメ(1-10)でも馬複23倍でガミらなかったから、それでよかったのにな。

 直線では、横に大きく広がり、前詰まりなどもなく、馬の力と騎手の判断がモロに出る結果となりました。勝ったモズアスコットは連闘、しかも使い詰めでしたが、最速の上り33.3を繰り出して、抜け出したアエロリットをゴール寸前で差し切りました。重賞勝ちもない馬で、使い詰めでしたが、時計勝負に強そうでしたし、何よりルメール。GIで、デムルメを買わないのは無謀。データ的には非常に買いづらい馬でしたが、重賞初勝利をGIで飾りました。まだ4歳。今後の活躍が大いに期待されますが、あまりにも時計勝負で実績を上げているのと、欧州マルガイですが、同父のソウルスターリングが、渋馬場を苦にしている感じもあるので、渋ったときにどうなるかは少々気になります。

 2着アエロリットの戸崎はうまく乗りましたね。消していたのでうまく乗らないでほしかったんですが(笑) ロスなく立ち回りましたし、長くいい脚を使うのはいかにもクロフネ産駒らしい。ヴィクトリアマイルは4着でしたが、NHKマイルCの勝馬ですし、この条件は合っているんでしょうね。同父のホエールキャプチャ、ブラボーデイジー、クラリティスカイ……というか、クロフネそのものがNHKマイルCの勝馬でしたしね。一方でパワーもある。この馬も洋芝の札幌・クイーンSを勝っている。ホエールキャプチャは合いませんでしたが、ダート適性もあるんじゃあないかな。適当なタイミングで、クロフネ産駒はダートで走るところも見てみたい。

 スワーヴリチャードも伸びてはいましたが、最後は脚色がにぶってしまった。やはり初めてのマイルに対応しきれなかった面もあるのか。それがここまでの時計勝負となるとなおさら。それでも3着まで押し上げたあたりは地力ともいえますが、2000m以上のほうが向いてそう。実際に中長距離で実績あるわけですし。サトノアレスは出遅れが痛すぎた。エビ氏はそれが敗因じゃないと談話で残していますが、馬券買ってるほうは、あれがなければ位置取りが前で、差し切れたんじゃね?と思わずにはいられません。たまたまですが、俺と友人が重複して買っていたのが唯一、馬複2-10だっただけに、エビめ!と(笑) サングレーザーは1400のほうがいいようですね、やはり。

 結局、この日は6000円あまり買って、2320円の払い戻し。4000円ほど負けました。昨年は4月福島、暮れの中山ともいい感じに勝てたので、二度あることも三度あるで、久々の府中でも勝ちたかったのですが、うまくはいきませんでした。ただ、競馬場を出る前に、小腹が空いたので、どうしようかとフードコート前で迷っていたら、知らんオッサンに「今ならあそこ大盛だよ?」とそのお店(メトロカレー)の回し者みたいなことを言われました。そして、お店でおばちゃんに「今なら大盛って言われたのですが」と言うと、確かに無料で大盛に。そして、さらに「青森からはるばる参戦したんですが負けちゃいましたよー」というと、「うちの婿が八戸出身でねー」と雑談となり、いつの間にかただのカレーを注文したのですが、大盛となり、さらに串カツまで乗りました(笑) 味のほうもふつーに美味しかったです。ココイチなどもありますが、そんなものは全国どこでも食べられますし、東京競馬場でカレーを食べるなら「メトロカレー」「メトロカレー」にしましょう(回し者w)



スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『恋の花びら』 | HOME | 美浦トレセンと家のような飲み屋へ~2018年6月東日本周遊記2~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |