FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

『恋の花びら』

『恋の花びら』

桜のような恋の花びら

花は散っても、その木は枯れず

新たな花がいつかは待っている

だから笑顔で花吹雪を見送るよ

今はさよなら、ありがとう



こぼれていくのは花びらだけ

涙のダムを決壊させたくない

それが見え透いたつよがりでも……

芽吹いた若葉を胸に抱えて

今はさよなら、どうか元気で



脳内辞典をひもといてみても

気のきいた言葉がみつからない

でも、自分の幸せを望むように

「他人」のキミの幸せを喜べる

さよなら、さよなら、おめでとう





2004年4月5日作『桜』
2018年4月13日改題&大幅編集
2018年6月10日ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』放送分

【あとがき】
14年も前に書いた作品なのですが
タイトルを変えて、原型を留めないほど改編しました。
もはや、それは新作なのかもしれません(笑)

形はできあがっていたのですが
14年後の想いをこめたら
自然と違う作品になりました。
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大国魂神社と延びた東京13R~2018年6月東日本周遊記4~ | HOME | 18年安田記念回顧~2018年6月東日本周遊記3~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |