FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

1593㎞~2018年6月東日本周遊記6~

  ☆6月5日☆
 だんだん明るくなった4時過ぎに寝て、11時ごろに起床。疲れもありますが、何度も泊っている場所なので、それなりに長く深く寝られました。本来、弟はふつーに仕事のはずだったのですが、会社のほうから休んでも構わないと言われたそうです。すまんな、弟よ(笑) もっとも弟はそんな程度ではない迷惑を何度か俺にかけているのですが。というわけで、休みになった弟と、とりあえず温泉へ。無論、運転も車も弟です。助手席はいいですね。旅先で浴槽にはひたっていませんでしたし(欲情にはひたっていたが) ここまでの疲れを取って、ラストスパートをかけたかったのです。

 この温泉、一般利用もできるのですが、老人ホームの施設利用です。お値段700円!温泉のない地域の方は普通じゃないの?と思われるかもしれませんが、銭湯が温泉な弘前市民としてはかなり高く感じます(2倍だもの) 新潟県で15年あまり過ごしている弟もそれは同感のようで、忙しいのもあるけれど、あまり新潟県で温泉に入らない。帰省した際には家の風呂に一切入らず、毎日、温泉巡りするようなヤツなのですが(笑) お湯はあまり熱くなかったですが、その分、長湯できましたし、熱くないとはいえ温泉ですから、あがってからは身体の熱が冷めにくかった。旅の疲れがいえました。YEAH!

 疲れをいやしたところで食事。新潟県ですから米と魚。つまりは寿司。「新潟海宝丸」長岡インター店へ。入口が鮮魚店のようになっていて、海産物を買うこともできます。ワサビ(安曇野産)を自分をすって食べるのが面白いですね。値段はまあ、全国チェーン店よりも少し高いくらいですが、味はだいぶ上。のどぐろやふぐはフーンってレベルでしたが、みそ汁やかれいのえんがわなどはかなり美味しかったです。しかし、何よりおいしくコスパ絶大だったのが生がき。写真ではわかりにくいですが、ちょうど掌サイズ。で、デカ!それが二つでなんとお値段が……なんと!

 300えん!やっす!
 安いだけではなく、味もかなり美味しかったです。これを知ってしまうと、国道7号、8号沿線の道の駅でかきを買う気が失せますね。会計のとき、係のねーちゃんに「いやあ、かき美味かったですわ」と興奮気味に話すと、「私も大好きなんです。ただ、いつもあるわけではなくて」とのこと。ないときはないらしい。でも、弟が長岡にいるうちは、また長岡に来ることもあるだろうし、その際はまた寄りたいと思いました。この旅で一番美味しかったのはこのかきですね(横浜鶴見にあるKくん馴染みの飲み屋のレバーの煮込みも良かったけれど、残念ながら次点)

 弟の部屋への帰宅途中、弟が常用しているデイリーヤマザキでタバコやら飲み物やらを調達。弟は店のおばちゃんと完全に顔見知りで、「兄貴が来てまして~」と。するとおばちゃんは「顔は似てないけど、仲がいいんですねー。大人になっても仲が良いのは珍しい」とのこと。俺も弟は、顔も性格も趣味も全然違います。あまり考えたこともなかったのですが、まあ、どちらかと言えば仲がいい兄弟なのかもしれません。オヤジとその弟、妹は非常に険悪なので、そういうのを反面教師にしたのかもしれません。ちなみに、普通に勤め人ができるくらいには弟は常識的です。

 その後、昼寝をして、19時前に夕食を取りました。これがこの旅、最後の晩餐。おいしいラーメン屋があるそうで、そこへ連れて行ってもらい、弟は普通にラーメンを、俺は台湾まぜそばを食べました。垢ぬけたラーメン店でしたね。量は普通でしたが、ああ、大盛で頼めば良かったなあと思えるぐらいにはおいしかったです。これもいつかリピートしたいお店。近場にあったら、毎週通うのになあ。

 というわけで十分に鋭気を養ったうえで、19時30分ごろに新潟県長岡市の弟宅を出発!その時間に出発したのは、1時間強(20:30過ぎ)なら、新潟バイパス(R8)、新新バイパス(R7)も空くだろうと判断して。前日の環八のごとく平均車速10㎞になるわけじゃないですが、法定速度70㎞、80㎞の道で30㎞、40㎞しか出せないのは耐え難い。新潟県人の運転マナーは最悪との意見を見かけますが、マナー的には青森ナンバーと大差ない。違うのは新潟&長岡ナンバーは首都圏、京阪神にも行くでしょうし、台数も多いから目立つことじゃないでしょうか。お、俺?マナーばっちりですよ。い、イヤだなあ(笑) 実際、煽るなんて考えもしません。抜ける場所で即座にヌきますから。

 ☆6月6日☆
 そして、9時間弱かけて夜が明ける頃、帰宅。楽しかったけど、さすがに疲れました。たぶん、今年はもう車で東北から出ることはないです。10月、12月に上京予定があるけれど、そのときはたぶん夜行バスです。12月は久々に青春18きっぷでもいいかな。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<18年ユニコーンS回顧 | HOME | 富岡製糸場と関越縦断~2018年6月東日本周遊記5~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |