FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

18年帝王賞回顧

☆帝王賞予想結果☆
Bケイティブレイブ…2着
Bゴールドドリーム…優勝
Bアポロケンタッキー11着
Bサウンドトゥルー…3着
Bオールブラッシュ…9着

 人気が割れ気味でしたが、終わってみれば1,2人気馬のたたき合いを、ゴールドドリームが制しました。かしわ記念に続くJpnI連勝、4勝目。ノンコノユメはいませんが、ほぼ頂上決戦と言っていいメンバーを相手に、苦手と思われた大井2000で勝った意味は大きい。ホッコータルマエ、コパノリッキーが去ったあと、ダート界は王者不在といっていい状態でしたが、新帝王誕生です。今後は南部盃かJBCクラシックからチャンピオンズCというローテのようですが、南部盃は差しが効かないので、あまり合わない気がするなあ。でも、去年のゴールドドリームとは違うのかな。

 ケイティブレイブはハイペースを好位追走。スタミナ型ですから、あれでよかったと思いますが、最後は瞬発力の差が出てしまったかもしれません。でも、崩れませんね。ここ2走からも明らかなように、2000以上のほうが良さそうですし、ハイペースの消耗戦のほうがあってそう。ただ……今回の流れで、去年のように後方からだったら(出遅れのせいだけど)、どうだったのかなあ?とも思ってしまいます。この競馬では、同格以上の相手にはなかなか勝てないような気もします。馬券的には連軸として買いやすくていいともいえるのですが。

 サウンドトゥルーはいつもの競馬。ハイペースとなり、展開も向きましたね。それで2,3着というのはこれで何回目だろう(笑) まだまだヒモでは警戒が必要な馬です。逆にアウォーディーはもうダメだなあ。仮にマーキュリーCに出てきたとしても(出ないでしょうが)、エンパイアペガサスにも勝てないよう気がします。それほどに衰えた。実際、リッカルドやヒガシどころか、キトキトにも先着されたわけで。アポロケンタッキーはどうしちゃったんだろう。ムラなのはわかっていたけれど、走らなさすぎ。

 テイエムジンソクは飛ばし過ぎです。以前よりも時計がかかる馬場になっていますし、それで1000が59.9では持ちません。前後半の差が4秒以上ですからね……。フルキチはマイペースだったといっていますが、もっと乗り方があったんじゃないかなあ。もっとも、中央馬でこの馬だけGI馬じゃなかったですし、1,2,3着馬とは力差もあったのかもしれません。和田サンあたり乗せてみてほしいところではあります。リッカルド、ヒガシウィルウィンは頑張りました。リッカルドは南関移籍でパワーアップしてたんだなあ。去年は佐賀記念7着、かしわ記念6着でしたから。ヒガシはまだ若いですし、浦和記念あたりならなんとかならないかな。去年はぶっつけで2着だったわけで。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<文月徒然日記 | HOME | 18年帝王賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |