FC2ブログ

ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。

18年ジャパンダートダービー回顧

☆JDD予想結果☆
◎ルヴァンスレーヴ完勝
◎ドンフォルティス6着
△グレートタイム…3着
△オメガパフューム2着
△テーオーエナジー5着

 展望日記では3複を買おうかーなんて書いていましたが、最終的には馬単にしました(MIXIつぶやき、ツイッターには書いたが) そして、それで良かった。当初の考えを変えて買うと、むしろ良くないことが多いのですが、今回に関しては吉と出ました。1-4人気で馬単15倍なら悪くない。終わってみればルヴァンスレーヴの力が抜けていました。混戦の2着争いを後目に、馬場の真ん中を突き抜けて完勝。古馬戦線もゴールドドリームが一応の主役ではありますが、絶対王者というほどではないし、成長次第では、ルヴァンスレーヴがこの秋にも勝ち負けしてもいい。

 結果的に、1,2枠が結果出ていなかったのは、勝ち負けになるような馬がいなかったから、で片付きそう出負けして、外回して完勝ですから、ルヴァンスレーヴのような実績ならJDDで枠を気にすることはない。デムーロも談話で述べていましたが、アタマのいい馬なんでしょう。出負けもあって後方からになったけれど、そうでなければ前で位置を取りに行ったのでしょうし、自在性があります。血統からイメージできるような力強さを持っている。「少なくとも」4歳いっぱいまでは衰えると思えませんし、この馬の時代が来るかもしれません。

 ドンフォルティスはルヴァンスの前にいましたが、あっという間に交わされ、逃げたテーオーエナジーを交わすこともできなかった。2000は長いのでしょう。それと父を思うと、これから一層強くなるって感じもしない。勝馬との差は開きそう。オメガパフュームはさすが古馬1000万を勝っただけあります。父スウェプトオーヴァーボードだけに2000?とも思いますが、リッジマンのような産駒もいますし、この馬自体は2000までは許容範囲なのかも。ただ、血統を思えば2着馬よりも3着馬のほうが奥はありそう。グレートタイムは父キンカメ、母ミラクルレジェンドですから。

 正直、中央馬が掲示板を独占すると思っていたのですが、東京ダービー2着馬クリスタルシルバーは頑張って4着。馬の力がそれだけのものだったというのもあるんでしょうが、やはり大井を誰よりも知っている的場さんの手腕が大きいのでしょう。なんで、東京ダービー勝てないんでしょうね(笑) クロスケやらリコーワルサーも勝馬から1.0秒ほどの差。地方馬と中央馬の差が詰まってきているような気がします。一時に比べて、地方馬が交流重賞を勝つケースも増えてきていますし。売上が上がってきているからでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒアルロンさん | HOME | 18年ジャパンダートダービー展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |