ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

04/17のツイートまとめ

Nebuoo

普通の生活はたぶん理想の生活。 --- 埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査 (朝日新聞デジタル - 04月17日 05:21) https://t.co/6fD7PNr0sT
04-17 08:32


ねぶの投稿マシンガン | コメント:2 | トラックバック:0 |

17年皐月賞&中山GJ回顧

★皐月賞予想結果★
◎アウトライアーズ…12着
◎ウインブライト……8着
△ファンディーナ……7着
△カデナ………………9着
△スワーヴリチャード6着
△ペルシアンナイト…2着

 皐月賞前から今年は牝馬が強くて、牡馬は弱いのではないかとしきりに言われていましたし、俺もそんな感じに思っていました。だからなのか牝馬であるフラワーC馬ファンディーナが参戦し、1人気にも推されましたが、直線入口では先頭に立つかというシーンもありましたが、伸びきれずに7着。勝ったのは毎日杯馬アルアイン。レコードタイム。松山騎手は中央GI初制覇。強かったですね。2着にアーリントンC馬ペルシアンナイト。ファンディーナに先着したのは3着ダンビュライトを除けば、すべて裏街道というか、皐月賞のトライアルではないレースから参戦した馬。目立つどころにいた牡馬が弱かったというだけだったのかもしれません。そして、ファンディーナ自体が弱いということもないと思います。ダービーとオークスの両にらみのようですが、傍から見てればオークスでいいんじゃないの?と思います。

 裏街道組だから人気になりづらかったのでしょうが、流れがゆるまないのに、最後まで止まらない馬場状態だったので、前づけできる器用さ&スピードと、先行して押し切るスタミナも問われるキツい展開。2000を走っていても、弥生賞のようなちんたらした流れでは、本番とつながらなかったということだと思います。それよりはマイルや1800で強い内容を見せていた馬が上だった。ただ、この早すぎる時計はダービーとつながるのかな?1,2着馬はイスラボニータやジェニュインの類のような気がします(距離適性として) 速さが勝ちすぎているような……?でも、前記2頭もダービー2着だし、ダービーまでなら軽視はできない。皐月賞連対馬の割りに、今回の結果を軽く見られるような……そんな雰囲気を感じます。松山騎手はいい馬が回ってきて、それをキッチリとモノにした。さらなる飛躍のステップになるといいですね。

 終わってみれば◎はペルシアンナイトで良かった。理由:デムーロだから。それだけで良かった(笑) しかもありえないような馬に乗っているわけでなく、重賞馬で5戦してすべて3着内の馬なのだから。カデナとか弥生賞は遅すぎだし、Fだし軽視しましたが、それで買ったのがスプリングS組では大差なかった。終わってみればこれが現状の実力順なのかなと納得もできます。レイデオロはダービー前の一叩きだったんでしょう。次は良くなるでしょうが、たぶん2,3着。3連馬券が大荒れだったのは、ダンビュライトによるものですが、ユタカの積極的な騎乗と、あとはこの馬、かつてのメイショウジェニエみたいな馬なんだと思います。暮れに1000万で上位人気するも、やはり3着だった……。1000万を勝ちあがるのに5戦かかるとかさ。オークスだけでなく、ダービー戦線も混沌とした人気になりそうですね。馬券的には面白そうですけど。


☆中山GJ予想結果☆
◎オジュウチョウサン…連覇
○アップトゥデイト……3着
▲メイショウヒデタダ…ビリ
△ルペールノエル………5着
△タイセイドリーム……4着
△サンレイデューク……2着

 競馬のファンファーレではこのJ・GIのファンファーレが一番で好きです。次いで関東GIのファンファーレかな。なんか昂ぶってきます。展望文でこの印を打ったのは木曜日。買い目も大まかには考えていました。そして、何のことはなくふつーに3連複を取ったのですが、冷静に考えると◎○2頭軸で3連複を買う意味が分からないですよね。いや、オジュウチョウサンに不安を感じる……と思っていたなら良いのですが、「先週のソウルスターリングとは信頼度がまるで違う。落馬しない限りは負けようがない。アタマ鉄板」とかほざいていたわけで。大もうけの機会を逸した……ように思えました。

 オジュウチョウサンは見ていて安心できました。3番手で前を見る形で進めて、徐々に仕掛けて4角先頭。サンレイデュークも頑張っていましたが、オジュウとの差はジリジリ開く。アップトゥデイトは前を追うどころか4着まで落ちないでくれ!と願うばかりで勝ち負けとは程遠い。オジュウの圧倒的な強さが際立ちました。かなり気性の激しい馬のようですが、それがいい形となって表れているのは父ステイゴールドと同じですな。これだけの馬ですから「海外」という話もあるようです。でも、ダート以上に、障害は国内外のレースの違いが大きそう。和田師の「国内で」という趣旨のコメントもありました。ともかく危なげなく勝っているうちは、オジュウに逆らう理由がない。

 オジュウはさておき、やっぱり大障害コースはこのコースで実績ある馬が強い。一昨年の勝馬であるアップトゥデイトもそうですし、サンレイデュークも一昨年の3着馬。この1年あまり、アップが惨敗したのは去年の夏の新潟だけ。この現状では、もうオジュウを負かすのは難しそう。というか今回のように他馬に割って入られそう。そして、サンレイデュークのように、再来年の中山GJや大障害で、人気落ちしたところで2,3着!ありそうだと思いません?(笑) メイショウヒデタダが3人気だったようですが、中山実績と大障害実績は似て非なるものですしね。中山実績もないよりはあったほうがいいけれど……。

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『太鼓の音』

『太鼓の音』

ドンドコ ドンドコ

響くのは

タッタカ タッタカ

バチの音



ドンドコ ドンドコ

想うのは

タッタカ タッタカ

駆ける音



そんな風に聴こえているのは

この地の文化に馬がいるから

僕の中でも駆け出してるから



ドンドコ ドンドコ

タッタカ タッタカ



2017年4月 10日作
2017年4月16日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年皐月賞展望

 いよいよ今週は牡馬三冠の第一戦・皐月賞です。先週の桜花賞では断然人気のソウルスターリングが敗れましたし、昨年のこのレースも3強と言われていましたが、勝ったのは7人気のディーマジェスティ。昨日の船橋マリーンCでも1人気のワンミリオンスは出負けして事実上の最下位と言える6着大敗。わけの分からない馬が来たわけじゃなくても、1人気馬が崩れるだけで配当が跳ね上がります。3~5人気あたりを軸にするだけで、1人気が飛べば配当は跳ね上がると痛感する次第。もっとも今年の皐月賞は混戦模様なので、1人気がどれなのかもはっきりはしないのですが……。ただ、今週末も旅に出るので予想は早めに行います。買い目まではオッズを見ないことにはいえないけれど。

アウトライアーズ…スプリングS2着馬。5戦してすべて3着内の安定感。大して人気にならないでしょうが、桜花賞のレーヌミノルっぽい雰囲気ありますね。乗るのも田辺。一発あるかも。

アメリカズカップ…若葉S馬。桜花賞を制した池添騎乗。ただ若葉Sは皐月賞にあまりつながらないし、京成杯12着というのは気になります。中山合うのかな?

アダムバローズ…きさらぎ賞馬。底を見せていないともいえますが、前走は展開がハマったと思います。ただ、人気ほど勝機がないかといえばそうでもなさそう。

アルアイン…毎日杯馬。ディープ産駒ですがキレで勝負するタイプじゃないというのが、逆に皐月賞には合っているような気がします。

ウインブライト…スプリングS馬。中山で連勝中。スプリングSの時計や内容も悪くなかったし、アウトライアーズともども好走しても良いような気がします。

カデナ…弥生賞馬。正直、中山向きか疑問だったし、休み明けだし、F騎手だし、弥生賞を勝つとは思いませんでした。思った以上に強い。ただ、弥生賞で下した相手が微妙だし、時計も遅い。人気ほどには信頼していません。

キングズラッシュ…東スポ杯4着からの休み明け。ヨシトミさんもコレじゃなくてブレスジャーニーに乗りたかったでしょうね……。さすがにこれは厳しい。

クリンチャー…連勝中。乗るのがYフジオカで、この戦績、この血統では手が出ないですね。

コマノインパルス…京成杯馬。弥生賞は6着でしたが、勝馬とは0.4差。乗るのは江田照。人気は暴落必至。これはあやしい。手広く買うなら抑えたい一頭。

サトノアレス…昨年の2歳王者。でも、カズヲ師に鞍上が戸崎。朝日杯もクラシックとつながらないですしね。

スワーヴリチャード…共同通信杯馬。3年連続して、共同通信杯の連対馬が皐月賞も勝っています。今年も?戦績的には過去3年の皐月賞馬と遜色はない。人気でもこれを消すのは怖い。

ダンビュライト…朝日杯こそ大敗しましたが、他は崩れていません。ただ、この馬に先着している馬が多数いるここではどうですかね。いかにユタカ騎乗といえども。

トラスト…札幌2歳S馬。その後はずっと4,5着。決め手不足の感が否めません。キレというだけでなく、前々で競馬しても粘りこめない。なだれ込むだけ。ある意味、この馬が一番要らないような気がします。

ファンディーナ…3戦3圧勝のフラワーC馬が牡馬に挑みます。前走は公開調教状態でしたが、それでいて時計はスプリングSと大差ない。ただ、強い相手とやってないんですよね。1人気になるかもしれない牝馬。取捨難解。

プラチナヴォイス…この馬がモノサシになるんじゃないでしょうか。今回の主要な面子と走っており、着差や着順もそんなに変わらない。弥生賞組もスプリングS組もきさらぎ賞組もどっこいなのかも。

ペルシアンナイト…アーリントンC圧勝。鞍上はデムーロ。戦績も安定しています。ただ、ハービンジャー産駒というのがGIで気になりますし、3走続けてマイル戦というのも気にはなります。

マイスタイル…弥生賞2着。スローペースがハマった感があります。逃げるのはこの馬かもしれませんが、前走のようなペースにはならないと思われます。

レイデオロ…3戦無敗。中山2000も2戦2勝。ただ、ローテと厩舎が不安です。それでも人気の一角になるでしょうし、ルメールは汚名返上できるでしょうか。


◆チェックポイント◆
・前走・弥生賞で5着以下:コマノインパルス
・前走・スプリングSで4着以下(京成杯勝馬を除く): サトノアレス
・前走・若葉Sで6人気以下:いない
・前走がTR以外の重賞で3着以下:キングズラッシュ、トラスト
・前走がTR若葉S以外のOP、500万下:クリンチャー
・前走で1秒以上の負け: いない
・3ヶ月以上の休み明け:レイデオロ、キングズラッシュ
・中2週以内: アルアイン、トラスト
・キャリア3~9戦ではない:いない
・ 重賞未勝利馬かつ、中山芝に出走済で3着内の実績がない: アダムバローズ
・ 京成杯馬以外で10人気以下…キングズラッシュ、トラスト、プラチナヴォイス、マイスタイル、クリンチャー、ダンビュライト、アメリカズカップ、アダムバローズ

 残ったのは、アウトライアーズ、ウインブライト、カデナ、スワーヴリチャード、ファンディーナ、ペルシアンナイトの6頭。最後の項目でザクっと切りましたが、穴をあけるのは京成杯馬なんですよね。そういう意味ではコマノインパルスは見限れないかもしれない。天気予報を見れば、馬場はおそらくは良。あとは展開。最内を引いたし、マイスタイルは行くしかない。ファンディーナ、アルアイン、アダムバローズあたりが先行でしょうか。先行して粘りこむのはけっこう難しいです。軸は差し馬から取りたいなあ。

◎アウトライアーズ
◎ウインブライト
△ファンディーナ
△カデナ
△スワーヴリチャード
△ペルシアンナイト

 ファンディーナはキャリアが浅い上に、自分の競馬しかしていない。この面子でもそれができればまさに怪物。ただ、1人気?でリスクもある馬を軸にはしたくない。ローテから言えばカデナでいい。ただ……時計がおっそーいですよね。前走に限らず。加えてこの鞍上。内枠引いちゃったし、また詰まっちゃうんじゃないの?(笑) 面子がどうかとも思いますが、普通にスプリングSの1,2着馬でいいように思えます。きれいな馬柱だろ?これで不人気なんだぜ?買うしかない。◎2頭からの馬複フォーメーション9点。あとは単2点も買っておきますかね。6,7人気っぽいようですし、9点でもガミはない。◎の2頭で決まれば5000円以上。8000円ぐらいつくか?皐月賞をバシっと当てて、亜鉛とマカとアルギニンを買うんだwww

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年中山GJ展望&マリーンC回顧

 今週は土曜に中山グランドジャンプ、日曜に牡馬三冠の緒戦・皐月賞が行われます。皐月賞は中山……ではなく、福島競馬場で観戦予定です。東北唯一の中央の競馬場なのに、俺は福島競馬場に行ったことがありません。というわけで今年の飲む・打つ・買うな春旅行は福島を中心とすることにしました。銀デミを駆って向かうので、競馬場では飲みませんが、福島のおいしい地酒なんかも堪能できればと思っています。その辺りは途中で同行する学友Kくんが詳しい……はず。来年はまた西へ。できれば九州までと考えています。冬は例によって、某ラジオのために上京の予定。

☆中山GJ予想☆
◎オジュウチョウサン
○アップトゥデイト
▲メイショウヒデタダ
△ルペールノエル
△タイセイドリーム
△サンレイデューク

 こんなの考えるまでもなくオジュウチョウサン。この1年間、重賞だけを5戦5勝で中山GJ、大障害も含まれています。たぶん単は1.3倍とかなんでしょうが、先週のソウルスターリングとは信頼度がまるで違う。落馬しない限りは負けようがない。アタマ鉄板と思いますが、これをアタマで買っても3単と3複で大差はないので、3複でいい。相手もまずアップトゥデイトだとは思いますが、4走前のポカが気になります(買ってハズれたw) ◎○から4頭流しか、アップが連を外すとして、◎から▲△△△の馬複4頭流し。どっちかでいい。もちろん◎△△なんて決まり方なら、3複3000円前後つくのかもしれませんが。オジュウチョウサンではなく、アップトゥデイトの取捨がキモと思います。

★マリーンC購入結果★
◎ワンミリオンス……6着
○リンダリンダ………3着
▲ホワイトフーガ……完勝
△タイニーダンサー…4着
△ララベル……………2着

 中央4頭VSリンダリンダ&ララベルという事実上の6頭立て。パールコードは自身にも父の産駒にもダート実績が弱いのに人気なので消し。この路線で連勝していたワンミリオンスで大丈夫だろうと◎-○▲-○▲△△という3連複5点で勝負したのですが、そのワンミリオンスがスタートで後手を踏んで、巻き返すことなく終了。と、戸詐欺!南関の戸崎は信じていたのに……。勝ったのはホワイトフーガ。2着に逃げねばった休み明けのララベル。3着にリンダリンダで、女王ホワイトフーガ以外の中央馬は撃沈しました。軸を間違えた。▲を軸にできていれば3複5000円だったのに。うう。

 ホワイトフーガはノド鳴りとの話も聞きますし、湿った馬場状態も良かったのかもしれません。ノドもあるし、そうでなくてもややムラな面を見せていますが、力を出し切れば現状の面子では格が違うということか。かつての女王・サンビスタをちぎった能力は伊達ではなかった。斤量も問題なく、問題なのは相手ではなく、自分自身の状態のみ。ただ、牝馬相手では崩れても馬券からは消えませんし、牝馬戦なら軸にして3複買うのが無難なのかもしれませんね。狙うのは今回が大チャンスだったのかもしれませんが……(笑)

 ワンミリオンスは出負けが想像以上に堪えたのかもしれません。2馬身程度の遅れですから、差し馬ならあれでも勝てたのかもしれませんが、終始レースの流れに乗れなかった。自分のペースに持ち込めないとモロいのかもしれません。斤量が堪えたとは思えないのですが。ララベルは休み明け&+25kgが懸念されたようですが、何の問題もなし。力を出せばリンダリンダと遜色ないのは地方競馬ファンなら誰でも知ってること。だから抑えてたのになあ。でも、今後、順調に使えるならば、リンダリンダとともに中央牝馬を迎撃できる力をはっきりと示しました。

 リンダリンダはこの馬の競馬はしました。ホワイトフーガはともかく、それで順調さを欠いたララベルを交わせなかったのは意外。距離適性の違いがあるのかも。ララベルは1600以下、リンダは1600より長いほうが合ってそう。リンダリンダは崩れずに頑張ってますし、どこかでダートGを勝つチャンスが周ってきてほしい。タイニーダンサーもこの馬なりに走ってますが、アタマ打ちって感じです。3着はあるかもしれませんが、今後勝ち着るシーンが浮かばない。パールコードはダートがダメとは思いませんが、芝のほうが結果は出せそうですね、やっぱり。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT